Final Cut Proで作った有名な映画のトップ10


Appleによって開発されたビデオ編集ソフトウェアであるFinal Cut Proは、ビデオ愛好家や独立した映画制作者が簡単にビデオを編集できるように設計されたソフトウェアです。近年ではFinal Cut Proの機能が大幅に進化し、現在ではこのソフトウェアで主要なハリウッド映画も編集されています。

本日はFinal Cut Proで作成された映画を紹介致します。


Final Cut Proで作ったトップ10映画

Final Cut Proを使用して編集された10の主要なムービーを見てみましょう。

FCPによって作られた映画 - ソーシャルネットワーク

1.ソーシャルネットワーク(2010年)

ソーシャル・ネットワーク』(原題: The Social Network)は、2010年アメリカ映画SNSサイトのFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いた映画である。

原作はベン・メズリックが著したノンフィクション作品『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』(原題: The Accidental Billionaires) Wikipediaより

私たちが現在Facebookとして知っている現象の台頭に基づいて、ソーシャルネットワークはJesse Eisenberg、Andrew Garfield、Justin Timberlakeにスターを付けました。この映画は興行収入が好調で、映画評論家も積極的に受け入れられました。

この映画は、Kirk Ba​​xterとAngus Wallによって収集されたアカデミー賞最優秀編集賞を受賞しました。彼らはFinal Cut Proを使って映画を編集しました。彼らが好んで使用した手法は、複数のタイムラインでの制作です。この映画では、Final Cut Proを使用して、さまざまなシーンで顔を置き換えることもできました。映画の主人公のうち2人は双子であるため、俳優(双子ではない)と撮影された後、双子の錯覚を作るために編集ソフトウェアが使用されました。Final Cut Proの機能に依存したこの映画のもう一つの特徴は、デジタルマットペイントでした。


FCPによって作られた映画 - ドラゴンタトゥーの女の子

2.ドラゴンタトゥーの女(2011)

ドラゴン・タトゥーの女』(ドラゴン・タトゥーのおんな、原題:The Girl with the Dragon Tattoo)は、2011年アメリカミステリー映画スティーグ・ラーソン推理小説ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を原作としており、2009年に公開されたスウェーデン版映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に次ぐハリウッド映画化である。Wikipediaより

この映画の課題の1つは、映画全体を通して目に見えない効果がたくさんあることでした。Final Cut Proは、マットペイントを用いて雪のような季節要素の作成から撮影の安定化と視覚的な機能強化を実現するために使用されました。


映画FCP  - ジョン・カーター

3.ジョン・カーター(2011年)

ジョン・カーター』(John Carter)は、2012年アメリカ合衆国SFアクション映画である。エドガー・ライス・バローズによる古典SF小説『火星のプリンセス』を原作としている。Wikipediaより

サイエンスフィクションであるこの冒険映画は、スタジオディズニーにとって大きな財政問題を引き起こしたので、興行収入にひどく悪影響を与えました。

ジョンカーター映画の編集は、制作中に多くのアクションがあったため、なかなか難題でした。エディタであるEric Zumbrunnenは、Final Cut Proを使用して様々な要素をまとめました。膨大なCGIやクリーチャーエフェクトを扱うため、この映画の編集プロセスは非常に複雑でした。Final Cut Proを使用して、緑のスクリーンシーンを生かすために必要な多くの背景ディティールを作成しました。


FCPによって作られた映画 - 夏の500日間

4. 500日のサマー(2009年)

ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。2009年サンダンス映画祭で上映された。Wikipediaより

この映画は、ジョセフ・ゴードン・レビットとズーイー・デシャネル主演のかわいい、風変わりなロマンチックコメディです。

映画の編集はFinal Cut ProのDVCPro HDフォーマットでAlan Edward Bellが行いました。映画のストーリーラインはバラバラの時系列で展開されるため、Final Cut Proのワークフロー機能により、さまざまなシーンのシーケンスを管理しています。また、Final Cut Proの編集機能を使用して作成された250ものエフェクトが使用されています。


FCPによって作られた映画 - ウルヴァリン

5. X-Men起源:ウルヴァリン(2009年)

ウルヴァリンWolverine)は、マーベル・コミックの架空のスーパーヒーローであり、X-メンニューアベンジャーズを含む複数のチームの一員である。作家のレン・ウェインと画家のジョン・ロミータ・シニア(John Romita, Sr.)によって創造された。Wikipediaより

X-メンシリーズのこの作品は、ウルヴァリンの幼年時代と弟との関係を描いています。X-Menのファンや映画評論家にはあまり評判は良くありませんでした。

映画の編集はNicolas De TothとMegan Gillによって行われました。この映画の制作中にいくつかのトラブルがありましたが、De TothとGillはFinal Pro Cutを使用して物語との一貫した流れを保ちました。ソフトウェアのHD機能とマルチクリップ機能を利用しています。


FCP製ムービー - 読書後に焼く

6.バーン・アフター・リーディング(2008年)

バーン・アフター・リーディング』(原題: Burn After Reading)は、2008年製作のアメリカ映画コーエン兄弟制作のコメディ映画第65回ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品。Wikipediaより

才能豊かな兄弟ジョエルとイーサン・コーエンが映画の製作、編集、監督を手がけました。

兄弟はこのシーンでFinal Cut Proを使用しました。シンプルで使いやすいため、シーンが撮影されている間に荒いカットを削除したりと柔軟に編集できたそうです。この映画では、ほとんどのアクションがソニーのカメラを使って撮影されましたが、追加のカメラが必要なときにREDカメラが追加されたシーンがいくつかありました。2種類のカメラのワークフローは大きく異なりますが、RED素材はソニーの映像とスムーズに統合することができました。


FCP製ムービー - 老人向けの国はありません

7.ノーカントリー(2007年)

ノーカントリー』(原題: No Country for Old Men)は、2007年製作のアメリカ映画コーエン兄弟製作のスリラー映画

アメリカメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。Wikipediaより

Coenの兄弟らの新西洋のスリラー。彼らはこの作品を監督、執筆、編集しました。

この映画は、編集者Roderick Jaynes(JoelとEthan Coenの仮名)のアカデミー賞最優秀編集賞にノミネートされました。

DV解像度でカットされた以前のフィルムと比較して、切断プロセスに優れた解像度のDVCPRO HDを利用して編集されました。


FCP  -  300製ムービー

8. 300(2007)

300 〈スリーハンドレッド〉』(原題: 300)は、2007年アメリカ映画フランク・ミラー原作のグラフィックノベル300』を元にペルシア戦争テルモピュライの戦いを描いた作品。

日本ではR15+指定。Wikipediaより

フランク・ミラーによる小説に基づいて、ペルシア戦争の一部であるバトル・タームポエー(Battle Termopylae)をリメイクして作られた作品です。ザック・スナイダー監督の映画は、オリジナルの漫画本のイメージを再現するのに役立つ超平面クロマキー技術で撮影されました。映画の編集はウィリアム・ホイによるものでした。

編集者Hoyは、調整レイヤーやブレンドモードなど、Final Cut Proの主要な機能を使用して、深みと気分を作り出しました。この映画のルック・アンド・フィールがエフェクトに大きく依存しているため、編集者Hoyは、各ショットに何が視覚的に追加されたか、そしてどのように各シーンの長さと連続性にどのように影響するかを調査するのに多くの時間を費やしました。


FCPによって作られた映画 - スカイキャプテン

9.スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー(2004年)

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(原題: Sky Captain and the World of Tomorrow)は、ジュード・ロウ主演の2004年製作のアメリカ映画CGを多用したSFアドベンチャー娯楽大作。Wikipediaより

ビッグネームのスターたち(Gwyneth PaltrowとJude Law)は、デジタルアーチストを使って生き生きとしたアクション映像の2Dと3Dの多層構造を構築し、手で描いたストーリーボードをコンピュータで生成された3Dとして再現した珍しい映画でした。

映画の編集はSabrina Pliscoによるものでした。

Final Cut Proは、映画制作者が生のステージ映像を使ってアニマティクスを並べることを可能にしました。このムービーの課題の1つは、編集者が各テイクにタイムコードを手動で割り当てる必要があったことです。クリップをレンダリングしてソートして、Final Cut Pro SDワークステーションで使用できるようにしました。


FCPによって作られたムービー -  Cold Moutain

10.コールド・マウンテン(2003年)

コールド マウンテン』(原題: Cold Mountain)は、2003年製作のアメリカ映画

南北戦争を背景にした純愛ドラマ。原作はチャールズ・フレイジャーの同名小説。

この映画でレネー・ゼルウィガーアカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞、 英国アカデミー賞 助演女優賞などを受賞し、主演のジュード・ロウアカデミー主演男優賞ニコール・キッドマンゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)にノミネートされた。Wikipediaより

 

Final Cut ProでDVDオーサリング機能を使用したことにより、編集チームは素材をより頻繁に、より多くの人々と共有することで編集をスムーズなものとしました。


ハリウッド映画には最高級の編集ツールが必要ですが、Final Cut Proを使用して達成できる効果の範囲は印象的です – リップル、ロール、スリップ、スライド、スクラブ、カット機能と時間のリマッピング編集機能などFinal Cut Proには、さまざまなビデオトランジションと、フィルムプロジェクトを次のレベルに引き上げる一連のビデオおよびオーディオフィルターが付属しています。

Final Cut Proは現在、ハリウッド映画の編集において編集する手段の一部となっています。貴方が動画編集する際の手段に加えてみるといいかもしれません。