Final Cut Proでスプリット画面を作る方法


スプリットスクリーンを作成することで、効果的かつインタラクティブに映像を魅せることが可能です。「Final Cut Pro」では、プログラム内でさまざまなツールを実行できます。基本的なアイデアを学ぶだけで、さまざまな編集が可能です。

以下にて、Final Cut Pro Xで基本的なサイドスリット画面作成するためのステップバイステップの手順を示します。

1.両方のファイルをFinal Cut Proに読み込みます。

2.両方のクリップをタイムライン上に配置し、もう一方のクリップを上に置き、左のボタンを使用してクリップを1つオフにします。

3.「オン」のままになっているクリップ(タイムライン上の明るいクリップ)をダブルクリックし、プレビューウィンドウで「モーション」をクリックします。

 

4.左右のクロップ設定を調整して、クリップを画面の半分に合わせます。

5.ワイヤフレームを使用して、クリップをフレームの左側または右側に配置します。

 

6.タイムラインに戻り、もう一方のクリップをオンにします。(今回は最初のクリップをオフにする必要はありません。ガイドとして使用することをお勧めします)。

 

7.他のクリップで手順3〜5を繰り返します。

8.タイムラインに戻り、あなたの作品を再生します。これで完了です!

この基本スキルを応用してみても面白いかと思います。キーフレーム付きのアニメーションを追加したり、複数のボックスを組み込んだりしてみてください。どのようにツールを使用するかによって、かなりかっこいい映像に仕上がると思います!