Adobe Premiereで「古いフィルム」の外観を作成する方法


Adobe Premiereで「古いフィルム」の外観を作成する方法


Adobe Premiereを使用している場合、古い映画の外観を実現するために必要なステップは以下の通りです。

  1. 古いフィルムオーバーレイ(画像)を取得する。Adobe Premierで使用するための古いフィルムオーバーレイテンプレートファイルを取得します。(ここでダウンロードできます
  2. タイムライン上のあなたのフッテージ上に古いフィルムオーバーレイレイヤーを置きます。
  3. そのオーバーレイのエフェクトパネルでモーションコントロールを開きます。
  4. 不透明度メニューを開き透明度を調整します。
  5. ブレンドモードで「乗算」を選択します。

ヴィンテージ風を作成するために追加のエフェクトを適用します。

以下の効果を選択すると、さらに効果を加えることができます。

  • ノイズ効果 – オーディオは追加しません。これは映像に粒状の模様を加えることができます。
  • あなたの好みに合わせて色調整する – 古い映画の場合、今のような色味ではありません。元々は、モノクロではじまっているので色味を落とすといいでしょう。8mmフィルムには橙色の色合いがあいます。色合いフィルタを使用して、好きな色に設定を調整してみてください。
  • フレームレートを変更する – これは、フッテージをどのくらい古いものにするかによって異なります。映画は24フレーム/秒で表示されるようになりましたが、サイレント映画や8ミリのホームビデオなどの古い映画は、14または18フレーム/秒に近いものでした。ポスタリゼーション時間エフェクトを使用し、フレームレートを希望の値に調整してみましょう。

好きな結果が得られるまでこれらのオプションを微調整して古い映画の表情を作ってみて下さい。