映画のように見せるには


動画を作っていて映画っぽくしたいなと思ったことはありませんか?

映画といえば、まず画面が横に長いのが特徴ですよね。
そこでまず使えるのがファイナルカットの

「レターボックス」

というエフェクト。
これを使うことで上下に黒枠をつけられます。

さらにフレームレートを24fpsに設定しましょう。
TVなどは30fpsですが、映画は24fpsなのです。

これだけでかなり映画のような感じになります。
あとは細かい色合いなどもありますが、まずは簡単にこれを試してみましょう。